スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんて4

IMG_2279mon4414.jpg


IMG_2280monn4414.jpg
スポンサーサイト

創造工房187 トリコロールカラーがとってもきれいに見える

IMG_5084ar6602.jpg

三浦半島の西面にめんする荒崎。
名のように、太平洋からの荒波が打ち寄せる地域であるが、なぎっている日はまるで湖のように湖面に建物を美しく映す。
トリコロールカラーがとってもきれいに見える。


IMG_5081ar6601.jpg

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

創造工房186 16世紀に建てられた、ムガール帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟mayufu

IMG_9128de5503.jpg

緑豊かなデリーの街中を走って駐車場に、チケットを買って、センサーチェックを受けて入場である。

王妃の指示により9年の歳月をかけて建設された、インドの首都デリーの中央に、静かな庭園と美しい建物。
長い流浪の末、ペルシャ王の支援を受け、 デリーに凱旋したものの半年後に亡くなった悲劇の皇帝ムガール帝国・フマユーン帝の 霊廟。

16世紀に建てられた、ムガール帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟です。イスラムのペルシャ文化とインド伝統の様式が融合されたこの霊廟から、ムガール建築という華麗な様式が生まれました。
緑の庭園は正方形に区切られ、森の中からリスが飛び出し、イスラム教徒にとっての安らかな天国を表現したものです水路が張り巡らされています。

フマユーンは詩とワインを愛する心優しい皇帝でしたが、政治や軍事の素質を欠いていました。
戦いに敗れ帝国の領土を失い、15年間も外国に亡命していたのです。
そして、ようやく帝国を再建したのも束の間、階段から転げ落ちる事故であっけなく死んでしまいました。
彼の死を嘆いた妃は、霊廟の建設に人生を捧げました。
9年の歳月をかけ、帝国皇帝の威厳を示す立派な霊廟を完成させたのです。
赤砂岩と白大理石が組み合わされた建物は、文様の美しさだけでなく見事な優美さを見せています。
悲運の皇帝を悼んだ妃の想いは、新しい建築美へと昇華し、後のインド建築に大きな影響を与えました。
実績がなかった皇帝フマユーンは、この霊廟によって歴史に名を残すこととなった。




IMG_9140de5508.jpg


IMG_9174de5517.jpg

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

創造工房185 クトゥブ・ミーナール遺跡

IMG_9331de8803.jpg

石造造りの空間にタイムスリップする。
緻密に計算された石の組み合わせ、文様の美しさがすばらしい。

IMG_9333de8805.jpg


IMG_9340de8805.jpg


IMG_9355de8811.jpg

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

創造工房184 イスラム教徒のヒンドゥ教徒に対する戦勝記念塔

IMG_9289de2211.jpg


コーランの内容を図案化した模様の塔が美しい、クトゥブ・ミーナールQutb Minar

ニューデリーの南15kmの郊外にある。
イスラム教徒のヒンドゥ教徒に対する戦勝記念塔。高さ72.5m中に379段の階段が頂上まで続いているが使用禁止。
石造美にため息が出た。


IMG_9296de2214.jpg


IMG_9408de8824.jpg


IMG_9427de8831.jpg


IMG_9429de8832.jpg

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。